June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アルサタン(飴玉)

Kim Soojinさん(図書館司書・韓国)からの

児童文学ぞろ目の日!

『アルサタン(飴玉) 알사탕』
作家: ペク・ヒナ 백희나
出版社: チェギルヌンゴム (本読むクマ) 책 읽는 곰

韓国の代表的な絵本作家「ペク・ヒナ」さんの新作を紹介したいと思います。

 

書名: アルサタン(飴玉) 알사탕...
作家: ペク・ヒナ 백희나
出版社: チェギルヌンゴム (本読むクマ) 책 읽는 곰

 

友達がいないある男の子が新しい玉を買いに行った時、目に入ったのは飴玉でした。

ところが、この飴玉、珍しいものだったのです。食べているうちに誰かの声が聞こえてくるではないですか⁉︎

ソファーの声、リモコンの声… さらにお父さんとおばあさんの声まで。この飴玉、心の声を聞かせるものだったのです‼︎

いろいろな声が面白くて、愉快であり、お父さんとおばあさんの声には心が暖かくなります。

最後の飴玉を食べている男の子に聞こえてくるのは、新しい友達の声です。

もう飴玉がなくても寂しくないでしょう。

内容も絵もかわいい絵本です。ペク・ヒナさんの特徴がよく表れていると思われます。

最初の場面と最後の場面が主に同じ、それを比べるのもいい読み方であると思います。

まだ日本では出版されていないようですが、出版されたら是非読んでみてください。

(Kim soojin)

 

pagetop