October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『ゆめのふね』

お父さん童話作家・原 正和さんの、
7月7日 児童文学ぞろ目の日!

『ゆめのふね』
(さく 原正和・え 黒井健 
チャイルド本社

おはなしチャイルド2017年8月号)

 

   今回、ご紹介するのは、拙作『ゆめのふね』です。

 夜、眠れない女の子に、お父さんは船にのって空を飛ぶ方法を教えます。ふたりが空を飛んで遊んでいるうちに、いつしか女の子の方が船をうまく操るように・・・・。
 子どもにお話をしていると、その想像力の豊かさがうらやましくなります。空想の世界の扉さえ開けば、子どもたちは、その中に深く入り込んでいくことができます。
 大人は、もう、子どものように上手に空を飛ぶことはできません。それでも、子どもの時に飛んだことのある人は、大人になっても,まだ飛ぶことができます。
 夏の夜、子どもといっしょに空を飛び、空想の世界を遊んでみてはいかがでしょうか。
(原 正和)

pagetop