November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『自由 愛と平和を謳う Liberté』

ほんまちひろさん(絵本作家)からの、
8月8日、児童文学ぞろ目の日!

『自由 愛と平和を謳う Liberté』
ポール・エリュアール 詩
こやま峰子 訳/クロード・ゴワラン 画

(朔北社)


夏に読んだら、夏のふうに。
秋に読んだら、秋のふうに。

 

いつでもうつしく、この絵本はあって、
でもいつか、夏にご紹介したいなと、思っていました。

 

フランス現代詩の代表作ともいえる、
ポール・エリュアールの「Liberté」(自由)を絵本にしたもの。
絵も、気持ちよく、かっこよく、みても、みても、飽きません。

 

愛することと平和が、なめらかにつながるエリュアールの詩。

 

様々に訳されていますが、
ご自身も、詩人で児童文学者の こやま峰子さんの、
やわらかな膨らみを感じる訳が、絵本という形にあっていて、
読む度に、胸がいっぱいになるとともに、ホッとした気持ちになります。

 

折々、街を歩くの足音のリズムに、ふとこの詩を思いだしたり、
電車の中で、自分なりのバージョンの「Liberté」の詩を考えたりして、
私も自由を味わっています。

 

自由と愛と平和の詩をたくさん書き残したエリュアール。

 

うつくしい絵本です。

 

(ほんまちひろ)

pagetop