September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『すてきな三にんぐみ』

お父さん童話作家・原正和 さんからの、
12月12日、児童文学ぞろ目の日

『すてきな三にんぐみ』
トミー・アンゲラー作、いまえよしとも訳(偕成社)

 

  今回ご紹介するのはトミー・アンゲラー作、いまえよしとも訳の「すてきな三にんぐみ」(偕成社)です。

  この絵本、娘の大のお気に入りで、これまで何度読んだことか。どこがそれほど好きなのかきいてみたところ、「国じゅうから子どもを集めるところ」とのこと。

  この絵本、おそろしい強盗三人組のお話です。
  三人組は人々から金品を奪うには奪いますが、使い道がわからず、ドッサリためておくだけ。
  ところが、ある日、小さな女の子ティファニーちゃんに、お金の使い方を教えてもらいます。そして、三人組はお城を買い、孤児院をひらくのです。
  お金はどうかせぐかだけでなく、どう使うかを考えることが大切なのですね。
  この絵本はアンゲラーの娘、小さなフィービーちゃんに捧げられています。
(原 正和)

pagetop