November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『せいめいのれきし』


早稲田の絵本屋さん ひとえブックストア店主からの
3月3日の ぞろ目の日は・・・

 『せいめいのれきし 改訂版』

作/バージニア・リー・バートン...
訳/いしいももこ
監修/まなべまこと
岩波書店

 

【3月の、児童文学ぞろ目の日!】

 「地球上にせいめいがうまれたときから いままでのおはなし」。
 これが、この本の全てです。正確には、「地球が誕生してから、ほぼ今日まで」のお話です。地球の誕生をプロローグに、現在に至る地球上の生命の歴史を5幕に分けて、それぞれの時代のトピックスを、簡潔な説明と、少しノスタルジックで味わい深い絵で追っていきます。見開きで1つのトピック、右ページの絵は舞台仕立てになっています。
 タイトルだけを見ると、これは教材? と思うでしょう。学校の図書室に備わっているような。実際、教材と言っても良いのですが(“せいめいのれきし”を、楽しく、あっというまに読んでいくことができます)、そこは『ちいさいおうち』の作者であるバートン、読んで楽しい見て楽しい、そんな絵本にちゃんと仕上げているのです。
 初版が出たのは1964年のこと。8年をかけて完成させた、まさに壮大な絵本です。以降、読み継がれてきたロングセラーですが、その間、宇宙や考古学等の検証・再発見は飛躍的に進み、現在の知見とはやや記述が合わない箇所も出てきていました。
 そして51年たった昨年(2015年)、ついに改訂日本版が登場しました。帯には、“「宇宙」「地球」「生き物の進化」の歴史をアップデート!”という言葉が付されています。日本版監修は、国立科学博物館の真鍋真さん。大作に、今日の情報が正しく盛り込まれたのです。
 これからも科学の進歩は進み、生命の歴史に関する解明はますます進んでいくでしょう。それに伴って、本書も、3版、4版と、改訂されていくのかもしれません。これって、本当にすごいことだと思います。しかも改訂までの時間は、今回のように50年もかからない、のかもしれませんね。
 学習で読むのでは無く、ただ、生命の進化と連続に胸を躍らせる。そして「自分はどこからきたのだろう? 自分の未来はどうなっているのだろう?」、そんなことを少年少女の読者がふと感じる瞬間があれば…、本書の大きな価値は、そんなところにもありそうです。
 本書のエピローグは、次のような文で締められます。

 さあ、このあとは、あなたの
 おはなしです。主人公は、あなたです。
 ぶたいのよういは、できました。
  <中略>
 いきものの演じる劇は、たえることなくつづきーー
 いつもあたらしく、いつもうつりかわって、
 わたしたちをおどろかせます。

 こんな、子どものための本もある。本書は、児童文学って、かなり、かなりフトコロが深いのだと思わせてくれます。
 愛読者だった子どもたちが、将来、本書の改訂に寄与するような科学者になる、かもしれません、ね。

pagetop