December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『ちいさいおうち』

高品質珈琲と名曲 私の隠れ家

 &荒木町6番地書店店主からの
9月9日、児童文学ぞろ目の日!


『ちいさいおうち』
バージニア・リー・バートン 文・絵
石井桃子 訳 (岩波書


――――――――――――

おなじかたちの 

そまつな家でも

 

思い出や記憶が

宿っている家

 

ていねいに

愛されている家

 

が、まとう
ゆたかさ。

 

記憶と心根を
さがして

 

みつけてゆく
育んでゆく

 

うつくしい暮らしは

 

家に宿り

 

家がまとう
満たされた表情は

 

ふれあい
連鎖して

 

ひとが人として
ゆたかに生きてゆくうつくしさを

 

私たちに
おしえてくれるのだと
思うのです。

 

「ちいさいおうち」

バージニア・リー・バートン 文・絵
石井桃子 訳

岩波書店

 

目に見える価値や
集団心理から

 

ぬけだして。

 

ものに価値をあたえるのは
いつも

自分自身の心根。

 

身の回りにある
すべてのものを宝物にするのも

ゴミにするのも

 

ひとりの人間の
意識の問題なんだなあ。

 

ものはいつだって
やさしくて。

 

私たちにこたえて
よりそってくれている。

 

さあ。
わたしも。

 

粗末なエプロンも
ちいさな店も
宝物に変えてゆく。

 

人間の意識は
魔法なのだ。

 

(私の隠れ家 店主)

 

高品質珈琲と名曲 私の隠れ家 ブログ ↓
http://d.hatena.ne.jp/mirefugio/20180920/153744145

pagetop