November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『世界は広く、美しい  地球をつなぐ色 〈赤〉』

ほんまちひろさん(絵本作家)からの、

2月2日、児童文学ぞろ目の日!

『世界は広く、美しい 

地球をつなぐ色 〈赤〉』

写真・文 長倉洋海 (新日本出版社)

 

ーーー

人を好きになって、その人が、もし、こっちを向いて笑ってくれたら、
この世の美しいものすべてが、
私のところへやってきたような気持になる。

子どもたちに、絵本をおくるのは、どうしてだろうと思うとき、私はこのことを想う。

「この世の美しいもの」を知っておいたら、
いつか、気持ちがぷわっと開くとき、より深く、
広く、切なく、美しい花がひらくのではないかと思うから。
理屈を超えた、恋も、平和も、ほんとは、こことつながっているのではないだろうか。

私は絵描きですが、絵では、、、できないものがあって、
絵は、自由に描くことが、できすぎるから、

自ら赴き、現実の世界から、
色や形をすくいとってきてくれる写真だからこそ、
伝えてくれる、この世の美しいものたち。

だから、私には、写真絵本が必要だし、
心が水を求めるように、写真をとおして世界を見たい。

写真家で、フォトジャーナリスㇳの長倉洋海さんの写真絵本
『世界は広く、美しい 地球をつなぐ色』は、
白、赤、黒、黄、緑、青の6冊のシリーズ。

48ページで、絵本というよりボリュームがあるかもしれませんが、
美しくて、優しくて、私は、これこそ、絵本と呼びたい。

地を這い、風に抗い、優しさに出会い、
写真家が撮ってきた、世界中の美しいものたち。

人のぬくもりを、一番感じる2月に、
大切な自分へ、大切な人へ、
もしもプレゼントするなら、何色にしましょうか?

(ほんま・ちひろ)

*2月4日18:30〜 ブックハウスカフェ(神保町)で、
長倉洋海さんのトークイベントがございます。
写真絵本や、写真集のサイン会もございます!ぜひ、おいでください♡

pagetop