August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

神保町で、本とか映画とか。

ただ今、神保町のブックハウスカフェの入り口正面の棚、

岩波ホールで上映中の映画、

「ニューヨーク公共図書館エクス・リブリス」に

ちなんだ特集で、素敵です。

映画の帰りの、寄り道におすすめ♡

ただ今、神保町のブックハウスカフェさん、
入り口正面の棚が、
図書館が出てくる絵本・物語コーナーになっていて、
そして、

『読みたいのに読めない君へ、届けマルチメディアDAISY』(編著・牧野綾、調布デイジー)
http://zorotai.honmachihiro.com/?eid=311
や、
『ありがとう、フォルカ―せんせい』(作 パトリシア・ポラッコ)
http://zorotai.honmachihiro.com/?eid=240

など、読みたいのに読めないことの本も一緒に並んでいます。

子どもにも、大人にも、手に取ってみていただけたたら、嬉しい本たち。

図書館の絵本・物語とともに、ディスレクシアについての本を並べるというのは、
きらりと光るプロの仕事だなと思います。

仕事というものは、こうありたいものです。

この図書館特集の棚は、
岩波ホールで上映中の映画「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」
にちなんだ棚。いいよね〜。

棚の写真を、知人から送っていただいたので、載せます。
左側が、デイスレクシア関連になってます。
岩波ホールで映画をみて、帰りにブックハウスカフェの
この棚を見に行っていただけたら嬉しいです。
ぜひぜひ。(本間)

pagetop